不死鳥NINJA250Rいま再び!

NINJA250R(ニンジャ250R)は、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニーが製造しているモデルで、2008年4月から販売が開始されています。

現在、世界レベルで問題視されるようになった排出ガス規制に対する強化の流れは、日本国内のバイクに対しても同様の措置がとられるようになり、新たな排出ガス基準に満たない軽二輪は、対応措置がとられない生産車においては2007年9月1日以降の生産が不可能となってしまいました。

買取市場でも大きな影響を受けることになりましたが、カワサキがそれまでに生産していた250ccクラスの車種についてはいずれも基本設計自体が古いということもあり、メーカー側が「新たな排ガス規制法に適合できない」と判断し生産の中止・終了が発表されました。

しかし2007年に開催されたパリショーでは、排ガス規制をクリアし環境対応をキャッチフレーズにした新たな250ccモデルが見事に再デビュー。

KLX250、D-TRACKER X、そしてこの2車種と同時に発表されたのが、NINJA250Rでした。

当時を良く知る買取店のオーナーは、「NINJA250Rをはじめとする環境対応車は、性能・機能・デザイニングともにひと回りもふた回りも大きく成長したスペックを掲げ、パリショーはさながら世界戦略車としてのポジションを堂々と表明するお披露目会になった」と買取業のAさんは語ります。

「NINJA250Rに搭載されたエンジンは、その直前まで市場に流通していたZZR250と同様のスペックで、「248cc水冷4ストローク並列2気筒DOHC」。

このエンジンは、GPZ250Rに搭載したものをベースにした設計で、稀にみるロングランのシリーズです。

ただしNINJA250Rでは、シリンダーヘッドのまわりやカムチェーンテンショナなどに多くの改良が施され、パワーと機能において想像以上の向上が図られていました」と再生の仕上がりを絶賛~。

結果として2014年現在では、このNINJA250Rが中古買取市場の人気モデルとして五指の中に入るといわれるほどの地位を獲得しています。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.