泉区で、不動産売却を行なってアパート経営

宮城県仙台市にある泉区の不動産売却を行なってアパート経営というプランにはいくつかのハードルがあります。

泉区に限らずアパート経営には開始後にも難問があります。

概略を把握しておきましょう。

■泉区に限らず成功のポイントは3つに絞られる。

不動産売却を行なってその資金でアパート経営という場合、まず自己資金と借入額の比率を確認しておきましょう。

借入比率が30%以上で40%近くになってしまうケースでは、借入金返済比率が収入に比べて高くなり、経営を圧迫する可能性があります。

30%以内ならまずまずです。

次に成功のポイントは「駅近」、「家賃設定」、「設備・仕様」の3点です。

駅徒歩10分圏内なら入居率は80%、5分なら90%と見込んでおけば間違いありません。

それより遠い10分以上のところは苦戦が強いられます。

■設備・仕様の先端化が果たせるかどうかで決まる。

アパート経営で苦戦が強いられるのは、設備・仕様にもあります。

築5年が経過すると、アパートはマンションにくらべて外観の見劣りが顕著になります。

さらに数年が経つと設備機器が古くなり、学生からの人気が低下。

空室が目立つようになります。

これを解消するには、少なくても7年に1回の設備入れ替えが必要です。

資金力があって余剰金があれば問題ありません。

アパート経営は、開始から5年が過ぎた時点で、こうした課題に直面します。

■アパートはユニット建築で4000万円。

元を取るのはむずかしい商売です。

後年の空室対策が決め手になります。

成功する可能性は、先にあげた項目やポイントをクリアできるかどうかです。

まず予定地の泉区周辺を市場調査しましょう。

不動産売却した資金で4000万円を賄い、余剰資金が1000万円くらい出るのであれば、経営は継続できます。

その場合でも5年後からの安定収入が課題になります。